探し探偵 捨て猫の保護問題で議論

捨て猫の保護に関して、自治体の対応はまちまちだ。

確かに捨て猫を逃がせば、動物愛護管理法違反にはなるだろう。
と言う事で、とある県の動物保護管理センターの支所長が猫を逃がしてくる様に部下をそそのかしたとして動物愛護管理法違反で、書類送検されている。
けれど、同様の対応をする他県の人は困惑している。
ただ、当然の事の様に法律に従って引き取るべきだったと言う人も中にはいます。
よって、今まで明かされていなかった県の捨て猫に関する対応がまちまちである事が分かり、現在対応の遺棄の定義を明確にするべきと言う声があがっている。
この事に関して違法性がないと主張している側の意見は、自分で生きていける様な猫を元の場所に戻す行為は遺棄に当たらないと考えていると言う話だ。
また、犬ならともかく、猫の場合は紐や鎖で繋いでおく義務がなく、屋外で飼う事も認められているのです。
と言う事で、この様な問題を未然に防ぐ為にも、やはり遺棄の定義を明確にするべきだと言う声が多い。
と言う事で、愛知県とか岐阜県では保護をした場合、殺処分される可能性もあるので飼い主がある可能性が猫をむやみに引き取る事は出来ないと言っている。
東京都でも、原則として警察に頼まれた以外は引き取らないと言う話だ。
それに対して、三重県は法律で義務が明記されている以上引き取るべきと主張。
また、飼い主を探したり里親を探す事に尽力していると言う話です。
他でそう言う考えの県は多い。
つまり、意見がほぼ真っ二つに割れているのです。
なので、とにかく遺棄の定義を明確にする事は必要な気がしますね。

探し物