感謝されること

この食へのこだわりは人それぞれで、「これ美味しいから食べてみて」と教えてもらったものを食べても、言うほどでもないなーと思うものもあります。

逆に、私は物足りないなと思う味付けの食べ物でも、「あんな美味しい物教えてくれてありがとう!」と感謝されることがあります。
味の好みはあれど、美味しいと感じる具合はそれぞれだなと感じるのでした。

食べることも作ることも好きなので、外食もよくします。
外からの空気を取り入れることも大事だと思っているので、気になるお店にはすぐに行きたくなってしまいます。
味の好みの全く違う友人がいるのですが、なぜかその友人と一緒に巡ることが多いのです。
それは、食にこだわりを持っている余暇がなかったこと、それ以外のことに取り組むことが美学とされてきたような気がするのです。
しかし、豊かな時代へと移ろい、人々の心にもゆとりが生まれ、衣食住の対する価値観も変化してきたのではないでしょうか。
その中で、食べることへの意識も高くなってきているということです。